数字で見る抗菌効果

イオニアミストプロの空気清浄器としての機能が
どれだけ優れたものかを数値で測るため、
2種類のウイルスとアンモニアガスについて
一般財団法人カケンテストセンターに試験を依頼しました。

抗ウイルス性試験

A型インフルエンザウイルス

[試験方法]
JIS L 1922:2016(ISO 18184:2014、準用)、準用
[ウイルス力価の定量方法]
プラーク法
[試験で使用したウイルスの種類](宿主細胞)
A型インフルエンザウイルス(H3N2)ATCC VR-1679
[MDCK細胞 ATCC CCL-34]

抗ウイルス性試験

ネコカリシウイルス
(ノロウイルスの代替)

[試験方法]
JIS L 1922:2016(ISO 18184:2014、準用)、準用
[ウイルス力価の定量方法]
プラーク法
[試験で使用したウイルスの種類](宿主細胞)
ネコカリシウイルス(F-9)ATCC VR-782
[CRFK細胞 ATCC CCL-94]

ガス除去性能評価試験

アンモニアガス

[試験方法]
SEKマーク繊維製品認証基準で定める方法((一社)繊維
評価技術競技会)ただし、試料量は200cm2とした。
[使用バッグの種類]
スマートバッグPA(ジーエルサイエンス社製)
[試験で使用したガスの種類]
アンモニアガス

ウイルスには「エンベロープ」を持つタイプ、
持たないタイプの2種類が存在しますが、
そのどちらにもはっきりとした効果が証明されました。
また、無色で強い刺激臭のアンモニアガスについても
ウイルス同様、99%の減少率を確認し、
臭いに対しても優れた効果があると証明されました。

通常2時間の検査を1時間で
減少率99%以上の結果

測定の結果は想像以上

ルミテスターsmartキッコーマンバイオケミファ㈱

測定機について

ATP+ADP+AMPふき取り検査(A3法)を高精度で実施できる測定器。
病院や、食品工場などの施設においてウイルス・菌類の元がどのくらい残留しているか(どのくらい汚れているか)を接触試験で測定・数値化することが可能。
ルミテスターは測定精度が高く、保健衛生局などでも公的な証明として採用されています。

検証方法

  1. 専用の綿棒上のキットで測定箇所を拭き取り、試薬につける
  2. ルミテスターsmartにキットを挿入
  3. 10秒でウイルスや菌の元となる有機物(3A)の残留数値が測定器に表示される

エレベータのボタンで
実証実験をしてみました

私たちの身の回りはどれくらい汚れているの?

測定器(ルミテスターsmart)で
身の回りの状態を実証実験しました。

ルミテスター測定値 手指:1500以下、その他:1000以下が清潔の基準だといわれています 。

外壁でも真価を発揮するイオニアミストプロ

これまでの光触媒の課題を解決したイオニアミストプロ。求められる役目を理論値どおりに果たすことのできる次世代の光触媒は、屋外の防汚などにおいても最高のパワーを発揮します。

外壁に施工すると、セルフクリーニング効果を長期間発揮します。
イオニアミストPROは、室内・屋外を問わず、多様なシチュエーションで使用することができ、日常生活になじむ万能機能性素材です。

お問い合わせ

ご相談やご不明な点がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。

お問合せフォーム
LINEから問合わせ