イオニアミストプロとは?

施工場所を選ばない汎用性
なのに病院の手術室にも使われるほどの高性能な光触媒

イオニアミストプロは非常に高性能な光触媒です。
防菌・防臭・防汚・防ウイルス・防カビなどの作用を発揮します。
※接触したものをH2O、CO2に分解。

チタン粒子をナノ化できたことで、
従来品から表面積が飛躍的に増大しました
(露出する表面積が約3万倍に)。

これによりTiO2の光触媒効果を【理論通りの性能】で最大限引き出すことができるようになり、性能が飛躍的に向上しました。またチタン溶液であるにも関わらず、ほぼ無色化に成功しています。

分解の対象となる有機物

革新のカギ
それは チタン粒子の「自己結着」

イオニアミストプロの最大の特徴は、「粒子が自己結着する」ことです。特殊な製造技術によりチタン粒子を微粒子化することで、施工面の粒子の表面積が圧倒的に増大しました。
これにより、【バインダー不要】【わずかな光でも反応が起こる】といった性能を実現しました。 吹き付けるだけで、隙間ナック全面をコーティングすることが可能です。

バインダーが不要。
前処理もなしでガラスに結着。
それが次世代を名乗る条件でした。

コーティングにおいて最も難しいと言われているガラスへの結着。光触媒の性能を示す大きな特徴であるこの要素について、イオニアミストは正々堂々と実証実験を行い、確かなエビデンスを得ています。前処理もいらず、プライマーもいらず、バインダーさえも不要という理想の実現こそ、イオニアミストが次世代の光触媒「2.0」と呼ばれる理由です。

比べればわかる圧倒的な違い

従来のチタン粒子は自己結着することができないため、光触媒コーティングにはバインダー(接着剤)が必須でした。
しかし、この工法だと、チタン粒子が接着剤の中に埋もれてしまうため、カタログデータと同じような効果を得ることができません。
そうした、従来の光触媒施工が抱えていた矛盾点を100%解消したのが、「光触媒2.0」イオニアミストです。
一切バインダーを必要としない施工のため、施工表面を確実にチタン粒子で覆い尽くすことができ、従来言われていた理論値通りの光触媒の性能を現場で発揮することが可能になりました。

これまでの光触媒イオニアミスト
バインダー(糊)必要不要
効果を発揮する粒子一部全面
反応必要な光の強さ強力な紫外線わずかな光

お問い合わせ

ご相談やご不明な点がございましたら、遠慮なくお問い合わせください。

お問合せフォーム
LINEから問合わせ